武蔵野市で築30年戸建住宅の耐震補強を行ったリフォームの事例|『リフォーム工房武蔵野スタジオ』株式会社ホームス空間創建

住宅からテナントまで、プランニング企画&総合リフォーム工事お任せ下さい! 『リフォーム工房武蔵野スタジオ』株式会社ホームス空間創建 東京都武蔵野市西久保2-27-23

問合せ
>
>
武蔵野市で築30年戸建住宅の耐震補強を行ったリフォームの事例
  所在地:東京都   =建物内=
  構造:木造2F建 戸建住宅   リビングサッシ交換・電動シャッター設置
  築年数:30年   ペアガラスへ交換・温水式床暖房設置
  施工費用:1150万   耐震補強工事・珪藻土仕上げ
  施工期間:63日   バス、洗面台、キッチン交換
      =ガーデニング=生垣植え込みなど
       
 
現在はご夫婦お2人でお住まいですが、将来2階に息子さんがお住まいになり2世帯となる為、お2人の生活の場所を2階から1階へ移動することを考えリフォームを検討されていました。それを機にご夫婦の好きな植物にあふれるお庭を造りたいとお考えでした。
 
・築30年の木造住宅なので、出来る限り耐震補強をしたい
・日光が降り注ぐ明るいリビングにしたい
・老朽化した設備を新しく交換したい
・外壁のブロック壁をフェンスにしたい
■耐震補強 ■エクステリア ■リビング ■洋室 ■キッチン ■浴室

★住宅リフォーム発想の参考に!(築40年?驚きの大変身リノベーション事例)

大きな間取り変更は行わず、現状の間取りを活かし、『せっかくリフォームをするなら一緒に耐震補強を行いたい』とのご要望から耐震補強プランを御提案致しました。
既存の外壁はコンクリートブロック壁で覆われていて、せっかくの南向きリビングが暗い・・・とお悩みでしたので御夫婦の好きな木々で生垣を造り、光と風が抜けるリビングを目指しました。


耐震補強工事を行うにあたり重要なのは建物全体のバランスです。 補強すれば良いというものではありませんので、補強する箇所を検証し、上下左右斜めの強度のバランスを整え家全体の強度を上げる必要があります。
又、補強したい柱や梁が支えている箇所を見極め、木材の交換が可能か不可能かを判断し、補強する材料等を決定します。

横板はありますが筋交が弱い構造 木材で筋交を入れました 筋交の交換が出来ない場所 筋交金具で補強をします
既存の筋交(木)が外壁を支えている為⇒ 材木を補強するかたちで金具を入れます 接続部は上下しっかりと固定 構造用合板を使用した耐震補強
今回は筋交を材木と金具両方を用いて耐震補強を行いました。既存の筋交を外してしまうと壁面が崩れる可能性がありましたので、構造上入替出来ない箇所には筋交金具で補強を致しました。又床材には一部構造用合板を使用して強度を上げています。
▲TOPに戻る
■耐震補強 ■エクステリア ■リビング ■洋室 ■キッチン ■浴室


 
施工前はコンクリートブロックで囲われた塀でしたので、日光や風が遮られておりました
ブロック塀を撤去して、程よく視線をさえぎってくれる生垣を植え込みました。
この生垣は、ご主人様ご希望の「トキワマンサク」という植木を植えさせていただきました。春先には小さな白い綺麗な花が咲く予定です。
春は花を楽しみ、夏は涼しい木陰になり、秋は紅葉を楽しみ、冬は暖かな日差しを入れてくれ一年を通じて自然を感じさせてくれます。

生垣の内側、敷地内はコンクリート塀よりもずっと明るく、風通しも良くなりました。ウッドデッキとリビングにも暖かな日差しが降り注ぎ、一日中居たくなるような快適空間です。植物が大好きなご夫婦によってこれから更に素敵なお庭となっていく予感がします。
駐車場側のブロック塀も全て撤去し半分を生垣にし、半分はオープンスペースとし土間には植木鉢を置かれて緑を楽しんでいます。
塀やフェンスがないと車庫入れもスムーズに出来ますね。薄暗いブロック塀を撤去したことで、建物も明るく見えます。
▲TOPに戻る
■耐震補強 ■エクステリア ■リビング ■洋室 ■キッチン ■浴室


 
リビングと隣の和室です。南向きの広々としたリビング空間です。
 

あまり大きな間取り変更はせず、生活の中心となるリビングを充実させるようなプランを採用致しました。間取りのポイントとしては、リビングからもお庭を沢山楽しんで頂けるようにテラスをご提案し、施主様のご希望で隣の寝室とはリビングとも繋げて広く使えるように一体感のある間取りに致しました。

壁や床の撤去作業 解体してスケルトン状態 防腐防虫の薬品を散布します 耐震補強工事中
リビングには床暖房を設置 既存より開口部の広いサッシの取付 床・壁・収納等の大工工事終了 天井のスポットライト設置箇所


窓を約40センチ高くしたため、太陽の光が部屋の隅々まで行きわたるようになり、全体のイメージも明るくなりました。電動シャッター付きですので、開閉も楽々♪防犯効果もアップです!掃出のサッシを交換したことで、気密性もアップし床には温水式床暖房を設置しましたので、冬のリビングも暖かく快適です。

床は多彩な木目が美しいブラックチェリーを使用しております。床暖房を入れたことで素足でも気持ちよく過ごして頂ける木材を選びました。
リビングの照明はスポットライトのみの設置としました。中央のスポットライトは可動式で、ライトの角度調整も可能です。

リビングからよりお庭を楽しんで頂けるようにウッドデッキを付けました。ガーデニングがお好きなご夫婦が休憩したり、リビングに居ながら外の空気を感じたりする場所としてお使い頂けます。

リビングと洋室の壁&天井は全て珪藻土仕上げとなっております。珪藻土は湿度が高くなると水分を吸収し、乾燥すると水分を放出してくれ自然に湿度調整をしてくれる『呼吸する土』です。ベテラン左官職人によって塗られていき、珪藻土独特の風合いのある空間に仕上りました。

隣の洋室との境はリビングと一体感のある寝室にする為、自由性を持たせた3枚扉の間仕切りとなっています。床は一続きとなっていてキッチン・リビング・寝室とバリアフリーの1つの空間で繋がっていますので家の中の生活移動もスムーズです。
▲TOPに戻る
■耐震補強 ■エクステリア ■リビング ■洋室 ■キッチン ■浴室


 
施工前は客間として使用していた和室です。リビングとの間には段差がありました。

和室の名残であった出窓部分は特徴のあるデザインでしたので、そのまま活かして洋室とマッチさせました。珪藻土の壁や天井、ブラックチェリーの床との相性も非常に良い仕上りです。
窓ガラスはペアガラスに交換したことで防犯性と気密性が高まり、寝室としてより快適な空間となりました。

寝室にしたこちらのお部屋は広く大きな窓が特徴で、東南から明るい日差しが降り注ぎとても気持ちの良い空間です。1階であるため外からの視線を遮り、日光や風は採り込めるようにウッドブラインドを設置致しました。
▲TOPに戻る
■耐震補強 ■エクステリア ■リビング ■洋室 ■キッチン ■浴室


 
長年愛用されたキッチンもそろそろ引退の時期を迎えました・・・


キッチン選びでこだわられたのが収納量とお掃除のし易さで、施工前のキッチンと配置は変えずに設備の交換を致しました。色は高級感を感じるナチュールミディアムをセレクト。吊り戸棚はボタンを押すと手の届く位置まで収納スペースが昇降する『プッシュブーム』ですので、食器や調理器具の出し入れも簡単で使用しない時は綺麗に収納しておけます。

▲TOPに戻る
■耐震補強 ■エクステリア ■リビング ■洋室 ■キッチン ■浴室


 
天井に照明が1つありましたが、少し暗い印象のお風呂でした・・・



照明を壁に二つ取り付け、また仕上げのタイルも白を基調とした物を選んでいただいたため、大変明るいお風呂となりました。全体の明るさはもちろんですが、在来風呂の良いところは、全てをお客様に選んでいただける、オーダーメードのお風呂を作ることができることです。
お気に入りの浴槽から仕上げのタイルまで、こだわりのお風呂を造ることが出来ます。

▲TOPに戻る
■耐震補強 ■エクステリア ■リビング ■洋室 ■キッチン ■浴室
 
 
【お客様の声】
こちらの望んだことに対し、プロとしてのアイデアがいろいろな所に工夫され、コンパクトで大変生活しやすい空間を作っていただきました。また、今回のリフォームに当り生活をしながらでの工事でしたが、工事を行った職人さんの方々の好感の持てる態度で気持ちよく過ごすことができました。
 
【担当者より】
担当したプランナーとして、お客様にとっての完成のイメージに満足していただけた事も嬉しかったですが、それ以上にこのようなお言葉をいただけてとても嬉しく感じました。
また二階の息子さんのリフォームの際もお声を掛けていただけるとの嬉しいお話もいただきました。
本当にこの度はリフォームのご依頼をいただきまして、誠にありがとうございました。
 
 

TEL

メニュー