武蔵野市のマンションを外壁塗装し大規模修繕をした施工事例の紹介|『リフォーム工房武蔵野スタジオ』株式会社ホームス空間創建

住宅からテナントまで、プランニング企画&総合リフォーム工事お任せ下さい! 『リフォーム工房武蔵野スタジオ』株式会社ホームス空間創建 東京都武蔵野市西久保2-27-23

問合せ
>
>
武蔵野市のマンションを外壁塗装し大規模修繕をした施工事例の紹介
   
  所在地:東京都
  用途:分譲マンション
  築年数:築40年
  構造:鉄筋コンクリート造 3階建て
  世帯数:30世帯
  施工期間:3ヶ月
  施工費用:2500万円
   
  ・屋上、バルコニー防水工事
  ・マンション外壁修繕
  ・外壁塗装、共用廊下塗装
  ・エントランス造作デザイン工事
  ・花壇、スロープ、手摺の設置
  ・照明デザイン工事
  ・駐輪場修繕、塗装
 
ご依頼頂いたKマンションは築年数30年を経過した分譲マンションで、現状は外壁のタイルや塗装が劣化し剥がれ落ち、屋上の防水も漏水を起こす危険性が高いなどの状態になっており、管理組合としても大規模修繕を行う必要性を感じられておりました。
以前Kマンションの1室でお風呂の修繕工事をさせて頂いた御縁もあり、理事会より当社へご相談を頂きました。
数社ご提案の中で、当社の企画を採用頂き今回工事のご依頼を頂きました。
 
・屋上の防水劣化による漏水を防ぎたい
・経年変化により劣化し色あせた外壁を塗装したい
・剥がれ落ちた外壁タイルの修繕、安全性を保ちたい
・デザイン性を良くし、気持ち良く利用出来る共有部分に改善したい
※詳細画面をご覧頂けます
■建物現地調査  ■プランニング  ■工事の手順  ■外壁塗装  ■エントランス  ■屋上バルコニー防水工事 ■その他の工事


水溜りが出来る箇所が顕著に見られます 継手の劣化損傷が見られます 雨水排水口は劣化し易いのです 接合箇所はゴムシートの劣化が見られます
     
ゴムシートの継ぎ手や泥やゴミが溜まり易い箇所は劣化、損傷しているところが見受けられます。
現在のゴムシート防水の状態としては大きな不具合はありませんが、劣化箇所から漏水などの危険性があります。

特徴的な朱色一色の外観 塗装の浮が見られます コンクリートの隙間に苔が根付いています 経年変化による変色がすすんでいます
今後も十分使用出来る部分もあります 大きな爆裂箇所が見受けられます 壁に亀裂が見られます 廊下部分も入念にチェックします
     
内外壁面の総合的な損傷や劣化が見受けられました。特に大幅なクラックと爆裂の後は一度Vカットし内部まで補修することをお勧めします。
経年変化による劣化や色褪せ、防水効果の向上を踏まえて高圧洗浄後、再塗装を行い巾木廻りの浮については補修・再塗装が望ましいと考えます。

タイル脱落箇所もあります エフロ現象(白華)が見られます 目地が劣化し今にも剥がれそうです 人の出入りが多いエントランスはタイル貼り
     
タイル面などは部分的にエフロ現象(表面に浮き出る白い生成物)の発生箇所や、タイル・目地部分にコーティングの斑を確認しました。
エントランス部分も同様に浮や剥がれなどの劣化が見られますが、部分的な修繕ではなく根本的な見直しをご提案します。
屋上の笠木面は劣化し易い環境ということもあり、目地が痩せセメント部分の劣化が多く、タイル脱落危険箇所の修繕が不可欠です。
▲TOPに戻る
■建物現地調査 ■プランニング ■工事の手順 ■外壁塗装 ■エントランス ■屋上バルコニー防水工事 ■その他の工事


***エントランスデザイン***
お住まいになられている皆様の玄関であるエントランスが機能的であり、誰もが気持ち良くご利用頂ける空間創りをご提案しました。
ポイントとしては、現在タイル貼りになっている部分を左官仕上げをし、暖かみのある外装に。古い印象を与えてしまうドアをお洒落で高級感のあるデザインドアへ交換。小さなお子さん、ご高齢の方にも優しいバリアフリーのエントランス。そして、お洒落な外灯を設置し、夜でも安心感を与える空間に。
エントランスのデザイン性、機能性は昨今の集合住宅において、資産価値を高める上でも重要なポイントとなっています。


***外観デザイン***
現状の外観デザインは朱一色の古い印象を与えてしまう色合いでしたので、同じ色でただ塗り直すのではなく、外観デザインをご提案しました。ブラウンとホワイトの2トーンで高級感を保ち、シンプルな仕上りにすることで、この先数十年後も飽きのこないデザインを目指しました。又、外装材にもこだわり、豊富なカラーや塗り方の表現が出来るデザイン性と汚れ防止、ひび割れに強いなどの機能性を合わせ持つジョリパットをご提案致しました。



▲TOPに戻る
■建物現地調査 ■プランニング ■工事の手順 ■外壁塗装 ■エントランス ■屋上バルコニー防水工事 ■その他の工事


①架設工事
ご近所へゴミや塵や埃の被害や落下防止、安全に作業が行えるように足場を架けます。
  ②外壁調査
実際の下地補修を行う箇所にマーキングで傷みの度合いをチェック、確認を行う作業です。
  調査の結果、このように内部の亀裂や錆が進み、隙間が出来てしまっている箇所もありました。かなり危険な状態です。
③外壁補修
外壁調査でマーキングした箇所を補修します。既存のシールを撤去し新たに打替ます。
  ④高圧洗浄
汚れや苔などを高圧洗浄し洗い流す作業です。その後の塗装を美しく仕上げる為に重要な過程です。
  ⑤防水(屋上)
屋上の仕上げ工事となります。
⑥外壁塗装
外壁の仕上げ工事です。
  ⑦ベランダ防水
各住居ごとの防水作業
  ⑧タイル洗浄・タイル塗装
タイルを丁寧に洗浄し塗装を行います
⑨クリーニング
足場を外す事前の最終クリーニングとなります。サッシ廻りの洗浄もおこないます。
  ⑩架設撤去・部分補修
足場をばらす際、固定していた箇所などの補修を行います。
  ⑪完了確認
施主様立合いの基、工事完了確認をさせて頂き、完了確認をして頂きます。


***外壁補修の重要性***
外壁修繕工事の工程の中で重要なのが外壁補修です。亀裂やヒビが入っている箇所はコンクリート内部に問題があることが多いのです。
そのような箇所を適切に判断し、内部の補修とコンクリートの打替を行い補強をすることが重要です。
表面的に綺麗な状態になってもこのような箇所が見逃されてしまってはその後の耐久性や安全性が保たれなくなってしまいます。
特に築30年を経過してきますと、経年変化による内部の傷みも進んでいますので、しっかりとした補修を施し仕上げを行う必要があります。

▲TOPに戻る
■建物現地調査 ■プランニング ■工事の手順 ■外壁塗装 ■エントランス ■屋上バルコニー防水工事 ■その他の工事


 
 

施工前
築40年を経過していますと、外壁の色褪せや傷みも大分目立ってきます。朱一色の外壁は時代を感じる色合いです・・・

 


ブラウンとホワイトの2色を使用したことで、で明るい中にも高級感と落ち着きを感じる外観になりました。既存の玄関ドアとも相性の良い色合いです。今後10年先も飽きのこないシンプルなデザインに仕上っています。
デザインはもちろんのこと、不安のあった亀裂やひび割れ箇所も直り安全にお住まい頂けるマンションになりました。

大規模修繕改修工事を行うことで、分譲マンションとしての資産価値も向上します。
やはり外観の美しさは快適な住まいの重要なポイントですね。
ブラウンの部分はジョリパットという材料を使用した左官仕上げとなっています。艶を抑えた独特の風合いが雰囲気ある空間を造り出しています。


エントランスにスロープと手摺も付き、お子さんや高齢者の方にも優しい空間になりました。花壇、ポンプ室、ゴミ置き場などの壁面もブラウンで統一し左官仕上げの風合いある外壁となっております。
バルコニーの防水もしっかりされていますので、今まで以上にお掃除もし易くなりました。
非常に美しい仕上りとなっています。見た目の美しさはもちろんのこと、丈夫で汚れにくく、調湿効果もあり機能性に優れています。
タイル部分は浮やひび割れの修理など下地をしっかりと修繕し、ブラウンカラーにて塗装しました。まだら模様だった施工前の外観は一新され、ブラウンとホワイトに統一された美しい外観となりました。

 
 

施工前の共用廊下
廊下壁面には一部亀裂も見られるなど、経年劣化による傷みが出ておりました。外壁同様壁面は朱色一色で塗られており、建物の古さを感じてしまう色合いでした・・・

 


朱一色だった共用廊下は、ホワイトとブラウンで塗り分けられ、とても明るく清潔感のある空間に生まれ変わりました。既存のドアもダークブラウンだったので、仕上りも自然な雰囲気になっております。
パイプスペースやメーターボックスなども美しく塗装しました。

暗すぎない明るいブラウンは汚れも目立ちにくく外壁のカラーとしてはとても良かったと思います。
エントランスを入った1Fの廊下です。特徴的なモザイクタイルは現状のまま残し床タイルはそのままですが、施工前よりずっと明るくなりました。

 
 

施工前階段
既存の階段部分は滑り止めもところどころ剥がれており、雨の日などは滑り易く手摺も無い為少々安全性に欠けておりました・・・

 


階段、廊下の床には水はけがよく、滑り難い床素材を使用しております。一部手摺も取付、施工後は安全性が高まりました。


タイルとコンクリートの隙間を埋める注入 亀裂箇所はカットしコンクリートを打替 剥がれたタイルの補修作業 サッシ部分に塗装をし易くする下地作業
ローラーを使用した壁面塗装 細かいところも丁寧に塗りあげます 補修箇所の塗装作業 廊下の天井も綺麗なホワイトカラーに!
▲TOPに戻る
■建物現地調査 ■プランニング ■工事の手順 ■外壁塗装 ■エントランス ■屋上バルコニー防水工事 ■その他の工事

 
 

施工前
タイル貼りの入口、サッシとガラスの扉、建物の表札など全体的に築年数の古さを感じてしまう外観でした。

 


今回当社にて特にデザインにこだわってご提案させて頂いたのがエントランスです。建物全体の顔ともいえる入口はドアを新設し、タイル貼りの外壁を左官仕上げで温かみのある装いに仕上げました。
照明にもデザイン性を持たせ、夜は美しくライトアップします。

スロープと手摺を設け、バギーや車いす、お買い物用のカートなどがスムーズに出入り出来るようになりました。
手前には花壇と外灯を備付け、エントランスの緑も増やしました。お洒落に生まれ変わったエントランスには入居者の皆様からお喜びの声を頂きました。


タイル部分も同じブラウンで塗装しておりますので、まだら模様がなくなり統一感のある外壁となりました。
エントランスにスロープと手摺も付き、お子さんや高齢者の方にも優しい空間になりました。
手摺はスロープ側と階段側双方に使用出来るようL字型になっております。床タイルの色は外壁やエントランスドアともバランス良く高級感を感じる雰囲気に仕上りました。非常に良い色合いに仕上り、エントランスのイメージチェンジは大成功です!
エントランスアプローチ階段部は段差も緩やかになっておりますので、スムーズに上り下りして頂けます。
エントランス内側の天井は夜でも明るい雰囲気が保てるようライトを多めに設置致し、建物内に入ってほっと安心して頂ける空間創りを心がけました。
エントランス内部は現状のままなのですが、タイルの繋ぎ目も美しく仕上りました。木目調の扉は重厚感がありますが、見た目以上に軽く開閉もし易い扉となっています。
夜は天井ライト、生垣に設置した外部用ライト、壁面のスポットライトがエントランスをお洒落に照らします。

花壇には施主様のご希望で『つつじ』を植えました。丈夫でお手入れもし易く、新緑、お花も楽しめることから街路樹としても良く使われる樹木です。


一部花壇の解体とタイルの解体 扉新規取付完了しました エントランス壁面の塗装左官仕上げ スロープ部分の基礎工事
手摺の取付が完了しました エントランス床タイルを貼って行きます 花壇と外灯を設置 仕上げに建物名をお洒落に飾ります
▲TOPに戻る
■建物現地調査 ■プランニング ■工事の手順 ■外壁塗装 ■エントランス ■屋上バルコニー防水工事 ■その他の工事


 
 

施工前
屋上は防水が弱くなり水溜りになってしまう箇所が目立ち、防水シートの継目は劣化が始まっている状態でした。

 


屋上は建物の中で一番日光や雨、汚れを受け易い場所です。広い面積の中でも、劣化や老朽化している箇所を細かく丁寧に修復することが大切です。
全体的な広い面積を網羅した防水工事はもちろんのこと突起物や繋ぎ目、排水口などは特に重点的に防水加工を施しております。

各世帯のバルコニー防水工事も完了致しました。サッシとの繋ぎ目部分もしっかりと防水しております。見た目の美しさはもちろんのことお掃除もし易くなりました。
雨水の排水口は泥やゴミも溜まり易く特に傷みやすい場所です。修繕工事により耐久性を高めるよう入念に防水施工しております。

こちらはエントランスの屋根部分です。共用廊下からも見える箇所なので仕上りの美しさにもこだわりました。傷みの激しかった雨樋も修復し壁面に雨水が漏れる心配もなくなりました。


排水口は特に丁寧に汚れを落とします 高圧洗浄で汚れを落とします アンテナ台接合部分の修復作業 換気出口の錆などは丁寧に塗替えます
天気の良い日に防水仕上げ作業 1件1件バルコニーの防水工事を行います 職人技が光ります☆ エントランス屋根工事中
▲TOPに戻る
■建物現地調査 ■プランニング ■工事の手順 ■外壁塗装 ■エントランス ■屋上バルコニー防水工事 ■その他の工事


 
 

施工前のポンプ室
ポンプ室のタイルはかなり色褪せており、白華も進んでいる状態でした。道路に面したエントランス脇にあることから、目につく場所なのでデザイン的にも綺麗にしたい・・・と思った箇所でした。

 


ポンプ室は道路側に面しており、エントランスの横に設置されていることから、エクステリアの一部と考えデザイニングを致しました。ここで威力を発揮したのが左官仕上げです。味のあるデザイン壁になり、建物と一体感が出ました。扉・タンクも同系のブラウンで塗装しております。


 
 

施工前のゴミ置き場
設備としては特に問題はありませんでしたが、やはり色褪せた感じがしますね・・・

 
奥の駐輪場も安全に使用して頂けるよう補修と塗装を行いました。
ゴミ置き場も建物と一体感を持たせる為、左官仕上げの塗装を施しました。

駐輪所の塗装工事 タンク室壁の下地造り ジョリパットにて左官仕上げを行います 貯水タンクの塗装中
▲TOPに戻る
■建物現地調査 ■プランニング ■工事の手順 ■外壁塗装 ■エントランス ■屋上バルコニー防水工事 ■その他の工事
 
 

【担当者より】
今回の大規模修繕にあたり、お住まいになられている皆様には大変ご協力を頂きありがとうございました。数十年に1度の大工事と言う事もあり、手遅れにならずに修理が出来て良かったと思う箇所も多々ありました。又エントランスのデザイニング提案はほぼ当社のプランをそのまま採用して頂けた事は担当者として大変嬉しく、出来上がりにもご満足頂け、皆様の生活がより豊かになるお手伝いが出来たと思っております。

 
 

TEL

メニュー