杉並区のマンションを和風モダンへリフォーム|『リフォーム工房武蔵野スタジオ』株式会社ホームス空間創建

住宅からテナントまで、プランニング企画&総合リフォーム工事お任せ下さい! 『リフォーム工房武蔵野スタジオ』株式会社ホームス空間創建 東京都武蔵野市西久保2-27-23

問合せ
>
>
杉並区のマンションを和風モダンへリフォーム


   
   
  所在地:東京都  間取り:2DK(約35㎡) 工事金額:150万円
  構造:鉄筋コンクリート造4階建て  用途:賃貸マンション










   
   
   
  和室から洋室へ変更  家具全般造作  間取り変更2DKから1LDK  
  クロス貼替  床:防音フローリング貼り 照明器具交換 ダイノックシート貼り

賃貸マンションのオーナー様より、空室ができたため現在の入居者さんのニーズや、少し長い目で見た場合にどのような間取りが先々良いかといったご相談を受け、間取りや色合い等を踏まえご提案させていただき、施工する事となりました。また建物が築30年以上経過している事から、経年変化による給水管の劣化もご心配されていたため、新規で配管を遣りかえる事としました。
 
 

施工前のキッチンと和室の取合いは障子風のガラス製建具で仕切られていて、どうしても古さを感じてしまう造りとなっていました。

押入れは収納力には優れていますが、どことなく暗い印象でした。
和室を洋室とし、居室とキッチンを仕切っていた建具を撤去しました。撤去した建具の代わりに廊下とキッチンの取合部分に片開きの扉を新設し、玄関を入ってすぐに居室が見渡せないように配慮しました。


写真奥に見える扉が新設した扉になります。廊下が暗くて閉鎖的な空間にならないように大きめのガラス入りタイプを採用しました。

洋室の床には白の木目調の防音タイプのフローリングを採用しました。元々和室だったため残っている長押入れ、サッシ枠等の木部は濃いこげ茶色を塗りました。白と黒のコントラストがいい感じの高級感を演出してくれます。

収納の建具も経年変化による建付けの狂いや開け閉めのしずらさが大分目立つ状態であったため建具も新規で造作!!こちらは建具を造作する際に貼る面材の種類に木目調のものをセレクト。こちらも費用を抑えてデザインを演出する工夫のひとつです。

 

 
キッチンの現状です。キッチンの面材の色もやや黄ばんだような色で今回のリフォームには色合い的にはあわない色合いでした。
給水管の新規配管状況です。今回の工事では床の解体はほとんどないため、部分的な最小限の床の撤去とユニットバス廻りの壁内の空間や天井裏を上手に活用し、コストダウンにも工夫をしました。
既存のキッチンはそのまま活かして使用するため、扉表面にダイノックシートと呼ばれるシートを貼りました。色もきれいなホワイトをセレクトし、一見新品のように生まれ変わりました。床も全体の色調を考慮して、明るい色のCFにて貼替を行いました。
 
 
施工前の洋室です
既存の下駄箱です。収納量はありますがキッチンの手前までのびた下駄箱は使い勝手的にはあまりよくない状態でした。
既存の洋室も建具や窓枠等の色合いを統一!床には竹調フローリング模様のCFを採用しました。テーマは和風モダンです!!

 
 
当マンションの主ともいえる猫ちゃんです。私が工事中の号室へ行こうとすると、工事中のお部屋まで先導してくれる不思議な猫ちゃんです。工事を行っているお部屋と私がそこの関係者だということを分かっているみたいです。
下駄箱も新規にて交換しました。狭いスペースを有効に活用し、高さと収納量を兼ね備えた下駄箱です。

 
T様よりリフォーム後のコメントを頂きました!
「空室が出るといつもリフォームをお願いしていました。今回は思い切って建具や床など全体的な改築をしてみて、古い和室がこんなにも明るく素敵なお部屋になったことに驚きました。入居者もすぐに決まって、嬉しい限りです。」
 
担当者より
当マンションのオーナー様からは空室が出来ると工事のご相談を頂き、何度も工事のご依頼を頂いております。工事完了後にはご入居さんも早々にきまり、オーナー様からもお喜びの声を頂くことができ、非常に嬉しく思っております。Tオーナー様、今後とも末長いお付き合いの程宜しくお願い致します。 
 
 

TEL

メニュー