荻窪 店舗 デザインリフォーム|『リフォーム工房武蔵野スタジオ』株式会社ホームス空間創建

住宅からテナントまで、プランニング企画&総合リフォーム工事お任せ下さい! 『リフォーム工房武蔵野スタジオ』株式会社ホームス空間創建 東京都武蔵野市西久保2-27-23

問合せ
  所在地:東京都   =フローリング=
  構造:鉄筋コンクリート造   床下地工事・防音工事
  築年数:1990年   無垢材施工・自然塗料塗装
  施工費用:400万円   =内装工事=
  施工期間:18日間   トイレ内装・スタッフルーム内装
       
       
 
ご自分のスタジオをオープンする為に、イメージの合うリフォーム会社を探されていた施主様より当社武蔵野スタジオホームページをご覧頂き、ダンススタジオの施工についてのご相談を頂きました。
 
・床材にこだわりたい
・天井を高が低いのが悩み・・・
・シンプルでありながらお洒落なスタジオにしたい
・照明効果を付けたい

施工前は事務所として使用していた為、一度スケルトン状態にし間取りを組みました。
建物の形が変形型なので各設備の配置や空間割をどのようにするかがご提案のポイントとなりました。


 
施工前は事務所として使用されていたので床はタイルカーペット敷きでした。
 

デザインのポイントとしては施主様のご希望である赤をモチーフにして窓枠やソファーなどにポイントカラーとして赤を入れました。
照明はスポットライトの設置を御希望でしたが天井高が低い為、ダンスの邪魔にならず、角度調整も可能なスポットライトをセレクトしました。


施工前のOAフロアーを解体します 下地を組み直す作業が始まりました 遮音シートを貼ります ゴム製で衝撃を吸収し遮音効果があります
床の下地になる材木を貼ります これで下地が完成 丁寧な作業でフローリングを貼ります フローリング貼り作業が完了
塗装屋さんが自然塗料で染色後 床用の自然塗料を塗ってきます 仕上りを左右する職人技が光ります 塗装完了乾けば完成です

フローリングを貼っているところなのですが、 この緑色のテープは・・・??と思われますよね。
実はこの作業はとても重要なポイントになるのです。
フローリングを貼っていたのは『春』比較的乾燥した季節でした。これから湿気の多い梅雨から夏を迎えると水分を含み木は膨張します。それによって床の歪みや盛り上がりなどの支障が出ないように、あらかじめ適度な隙間をもたせているのです。木の性質や季節に応じて床の仕上げ方も様々なんですね。
このように、職方の一枚一枚丁寧な作業と技に支えられてダンスフロアーは施工されます。


ダンスホールに使用したのは樺の無垢材です。丈夫でしなやかな性質に加えて素足でも気持ちの良い肌触りはダンスホールの床に適した素材です。又自然塗装によりとても良い色合いに仕上っています。かばの木と言ってもピンとこない方も、カバの木の白樺(しらかば)は良く知られた木の名前です。


こちらはパネルミラーを設置した壁面です。ダンスホール全体を見渡せる位置を検証し、こちらの場所に設置致しました。ダンスの練習をする上で重要な場所でしたので、お客様と綿密な打ち合わせをさせて頂き決定致しました。
スポットライトを当てたフローリングは照明効果もバッチリです。スポットライトは低い天井を邪魔しない埋め込み型で角度の自由が可能なものをセレクトしました。
塗装が乾いて良い風合いに馴染みました。職人さんの丁寧な仕事と技で良い仕上りとなりました。

施主様のご希望でアクセントカラーとして赤を使い、デザイニングを施しました。フローリングカラーとの色合いも相性良く仕上りました。
▲TOPに戻る
■ダンスホール ■控室 ■その他のスペース ■カラーコーディネート


 
台形のフロアーのどこに控室のスペースを確保するかを検討しました・・・

控室は明るい窓がある壁際にスペースを取りました。限られた空間ながらもほっと一休み出来る場所です♪
壁に飾られた鏡がワンポイントアクセントのインテリアとなっています。
▲TOPに戻る
■ダンスホール ■控室 ■その他のスペース ■カラーコーディネート


 
施工前のレストルームです。こちらは低予算で可愛らしくリニューアルします♪
数ある商材の中からどのクロスを選ぶか、施主様も悩まれましたが、最終的に決められたボーダークロスで可愛いレストルームになりました。
基本設備はそのままに、手洗い場の鏡やトイレのウォシュレットを設置しました。使えるものは残せるのがリフォームの良いところです。

入口にはトレードカラーの赤を縁取りました。
更衣室出入り口はカーテンで仕切りました。ドアの開閉よりもカーテンのほうが柔軟性もあり出入りの際に中が見えにくいという一面もあります。

女子更衣室は手洗い場からも近い奥の場所にスペースを設けました。中には衣類が掛けられるハンガーパイプを設置し、壁は上部を開けてパーテーションのように致しました。
更衣室を出たところにはスタッフの事務スペースを設け、PCなどが置けるようになっています。アクセントカラーの赤い椅子がポイントです♪事務スペースですので手元を照らすダウンライトを2つ設置致しました。

窓際はオーディオ類やダンスシューズ等を置くスペースとなっています。斜めの梁と柱はクロスカラーを薄いオレンジ色にデザイン致しました。
▲TOPに戻る
■ダンスホール ■控室 ■その他のスペース ■カラーコーディネート


 
施工前は一面真っ白い壁と柱でした。
窓枠を赤にすると印象がガラリと変わります。

こちらのダンススタジオで主に踊られるのはタンゴ!ということで、ダンスのイメージに合った情熱的な赤を使ってデザインを御提案致しました。とても目立つ色なので、使いすぎずお洒落に仕上る為に窓枠を赤で塗装し、ソファーや椅子等のインテリアに赤を取り入れています。
▲TOPに戻る
■ダンスホール ■控室 ■その他のスペース ■カラーコーディネート
 
 
【お客様の声】
床の仕上りも良く、踊り易いダンスフロアーはとても気に入っています。ご提案頂いた赤を使用したデザインもダンスのイメージに合い程良いアクセント・色遣いに満足しています。又驚くほど美しくシートが貼られていました。天井があまり高くないという悩みがあったのですが、無事にスポットライトも設置出来、これからこのフロアーで踊るのがとても楽しみです。
 
【担当者より】
ダンスは、床の仕上がりが命といわれており、お施主様に「踊りやすく気に入ってます」と仰って頂けて、非常に嬉しく思っております。無垢材を使った難しい施工でしたが、職方共に協力し、良い形に仕上げさせて頂けた思っております。
内装工事もご一緒にクロスを選定させて頂きましたが、床や窓枠等のシートも仕上がりをご満足頂け、この度の工事を担当させて頂き嬉しく思っております。
 
 

TEL

メニュー